歯医者さんの水が危ない!? 「読売新聞夕刊記事を読んで」

今回はレビューブログさんより読売新聞の夕刊に掲載された気になる記事を紹介します。

その記事とは「歯医者さんの水が危険」という、ちょっとビックリするショッキングな内容です。

何が危険なのかというと記事では、歯を削ったりする時に使う水が汚染されているそうなんです。

どういう事かというと、歯医者さんにある椅子の所に水が流れる配管が通っているんですが、
それは常に循環しているのではなく使っていないとずっと溜まったままの状態になっているわけです。

水が溜まっているって事はそこにある水は細菌が繁殖するという事は誰にでも考えられる事ですよね。

汚染された水は歯を削るタービンからチューブを逆流したり、院内をも汚染する可能性があるんです。

「それじゃおちおち歯の治療にも行けないじゃないか」と思った人も多いかと思いますが、
POIC(R)研究会という法人があり、そこが定期的に検査をし認定された歯科医は大丈夫だそうです。

今度は医者さんに行く時は一度その法人に認定されているか調べておくのもいいかと思います。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けん

Author:けん

フリーエリア

毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

マクロミルへ登録



ブログ内検索

QRコード

QRコード