認知症患者の徘徊を早期に発見! OFF Line社「みまもりシステム」

今回はOFF Line社さんが認知症患者の外出や徘徊を見守るサービスを開発した事をお知らせします。

このみまもりシステムはスマートフォンアプリ「AirTalk」と近距離無線用の端末を使った「ビーコン」で、
認知症患者の行動を家族やケアマネージャーがリアルタイムで確認出来る優れたサービスです。

母も高齢で週に一回デイケアに通っていますが、体の痛みはあるものの意識は今の所しっかりしています。
しかし、物忘れが時々あったりして、本人は勿論私たち家族もちょっと心配になる事があります。

実は、お隣のおじいちゃんが夜外出してしまいなかなか見つからず家族が苦労していたのを知っていたので、
認知症患者の勝手な外出や徘徊に対応するのは大変なんだなと他人事では済まされないと思っていました。

勿論、もし母が認知症になったとしてら病院や行政のサービスなどを活用し出来る限りケアするつもりですが、
この見守りサービスを利用すれば万が一どこかに行ってしまってもすぐ探す事が出来るのでいいですね。

現在認知症の患者さんを家族に持つ人はぜひサイトを見てこのサービスを使ってみてはいかがでしょう。

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。
ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けん

Author:けん

フリーエリア

毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!





マクロミルへ登録

ブログ内検索

QRコード

QRコード