病院へ行って認知症を理解し、介護に備える時期かもです

今回は珍しくまじめに認知症について書いてみようと思います。

認知症と言うと自分にとって他人事でなく、周りでも母が一度疑われたり、
隣のおじいちゃんがおばあちゃんを亡くした後なったりして結構身近です。
お隣はお嫁さんがかなり苦労して、認知症 介護の大変さも感じました。
それをみて来たので一昨年の夏に母が緊急入院した時担当医に
「重度の認知症になるかも知れない。」と言われた時はショックでした。
まあ、それは誤診で母は認知症でもなんでもなくてよかったのですが、
それでももう年も年で80歳を超えると忘れっぽくなる事が多くなりました。

認知症だとアルツハイマーが有名ですが、他にも種類があり軽いものでも
CMでよくやってる様に病院に行って相談した方がいいみたいですね。
例えば母なんかに認知症 病院を勧めても嫌な顔をするんでしょうけど、
後々の通院や介護などを考えると早めに手を打っておいた方が安心ですよね。
介護も家族だけでなく地域の支援センターがサポートしてくれるようだし、
確実に高齢化社会になるこれからの事も今考えておくべき事かも知れません。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けん

Author:けん

フリーエリア

毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!





マクロミルへ登録

ブログ内検索

QRコード

QRコード